スタイリストへの道

スタイリストを目指すなら専門学校に通おう

スタイリストとは、モデルや俳優に場の雰囲気に相応しい衣装やアクセサリーなどをコーディネートする職業の人を言います。
アイロンがけなどの服の管理や持ち運び、衣装の打ち合わせや衣装を集めるためのお店めぐりをしたりしますので、ファッションの専門的な知識とともに体力も必要になる職業です。
スタイリストになるために必ずしも服飾系の専門学校に通う必要はありません。
しかしながら、通うことでより専門的な知識を身に着けることができ、研修などで現場の雰囲気を知ることができる他同じ業界の人と知り合うチャンスも生まれますので、特別な事情がない限りは専門学校に通うことをおすすめします。
卒業後は、スタイリストの事務所に入社するかフリーのスタイリストにつきアシスタントから経験を積んでいきます。
尚、求人は通常の企業のように公募されていることは少ないので、インターネットで調べたり、人から紹介してもらうなどして、自分から積極的に行動することが重要です。

スタイリストと専門学校について

スタイリストになりたいと考えた時の近道が、専門学校に通う事です。
ファッションは独学でも勉強をする事が出来るというイメージを持つ人も少なくありませんが、学校に行き勉強をするからこそ、学べる事も多くあります。
その一つが、ファッション業界の仕組みです。
ファッションが好きでも、その業界の仕組み自体を把握しているという人は少ないでしょう。
学校に行けば、その業界の仕組みを学ぶ事が出来ます。
更に、様々な検定の勉強をする事が出来る他、ファッション業界で働く為に、覚えておいて損がない知識や技術を身につけていく事も出来ます。
更に、学校は、スタイリストとして働いていく為の人脈を作りたいと考えた場合にも最適です。
全くの素人の場合、アシスタントとして働ける場所を探す方法すら分からないという状態になってしまう事も少なくありません。
それに対して、スタイリストの専門学校に行っておくと、働きたい業界に近づきやすい状態を作っておく事が出来ます。

Favorite



最終更新日:2019/5/17