スタイリストへの道

スタイリストの年収はどのくらい?

スタイリストと聞くと華やかそうな感じがしますが、一体年収はどれくらいなのか未知な世界です。
実は経験や実力、勤務先や働き方によって年収に大きな差がある職業ともいえます。
スタイリストといっても事務所に所属する場合とフリーランスで仕事をする2つのは働き方があります。
事務所でもフリーランスでも平均は200万円から500万円というところです。
ただし、フリーランスでやっている人の場合、仕事がなければ当然収入も0円ということになります。
しかし、最初にも書いたとおり、経験と実力の世界なのである程度の仕事がもらえるようになれば有名人の専属になれたり、大手企業との取引も増えたりすることで年収も上がっていくようになります。
しかしながら初めからすぐにスタイリストになれるわけではなく、アシスタントの下積み経験があってこそです。
このアシスタントの時期の収入はお小遣い程度です.。
この頃は収入より経験を積む勉強の時期といえるでしょう。

スタイリストの年収はどれくらいなのか

スタイリストの主な仕事は、雑誌やテレビ、ファッションショーなどでモデルや俳優の衣装をコーディネートすることです。
ファッションセンスおよび知識はもちろん必要ですが、洋服やアクセサリーの管理や現場に持ち運びをしたり、衣装選びのためのショップめぐりをしたりするため体力に自信がないと厳しいでしょう。
また、現場での打ち合わせや衣装イメージのプレゼンテーションなどをするようになるので、高いコミュニケーション能力も重要となってきます。
気になる収入面ですが、スタイリストになるためにはまずアシスタントとして経験を積んでいきます。
この時はアルバイト同然のため収入も低く、年収は100万円前後が多いです。
ある程度経験を積み、レギュラーの仕事を確保することができれば年収は200万円~700万円くらいとなります。
有名な芸能人から指名を受けるほどの人気スタイリストになれば、数千万円~1億円程度の年収を得ることも可能となります。
ファッションへの注目が高まっている現代において、スタイリストとして安定した収入を得るには相当の努力が必要となるでしょう。

check

Last update:2017/7/28